☆ぽ~きゅぱいんず☆

かずぴWORLD、今日も全開~(^^♪       

🐻ウンチクマ🐻




この前
イズミヤ ã¸è²·ã„物に行ったら、ゆるキャラが何体か遊びに&PRに来ていた。



なので、アタクシ
一緒にパチリ‌ ã—てもらったのだが……




_20191019_001023

うげげ~~Σ(゜Д゜)



な、なんやコレ……


アタクシ、ものごっっつ寸胴・短足やないかwwwwww う~ん、ヒドイw



いや、この時ねぇ、このキユーピーちゃんの横に一緒に居てた(『キユーピー』のメーカーの人か?)な お兄さんが



「良かったら一緒にお撮りしましょうか?」



て言うて下さったので、アタクシお願いして撮ってもろたんやけど……



普段の体型に輪をかけて残念に写っちまってるしwww

(それに心なしかキユーピーちゃんも疲れてるように見えなくもない(笑))



お兄ちゃん…せめて もうちょい下から撮って下されw
そしたら、アタクシの脚も もうちょい長くて体型もいくぶんかはマシに写ったかも知れん(笑)

 

…まぁタダで撮ってもらったし、文句は言えんのやけどねw











気を取り直して、あと もういっちょ!




_20191018_213106

♪むっしっし~ むっしっし~…♪

「持って帰るなっ!」

♪匂いがつかない『ムシューダ』!♪



でお馴染みの 『熊』くん♪

(…すんげ~『気をつけ!』してるし(笑))



このこは、ダーリンの勤務してる店に来てたので、ダーリンにパチリ‌して送ってもらいました♪



「写メってもいい?」とお願いしたら、快く「気をつけ!」してくれたそうな(笑)










ところで この二人のゆるキャラに関しての『プチ・ウンチクま』をば!いや、こう書くと『プチっとウンチ💩』したみたいってか !?(笑)




まず!
_20191018_122720
はい、お名前↑に注目♪‌




『キユーピー』の『ユ』は、

小さい『ュ』ではなく

大きい『ユ』なのですね‌



アタクシ ずっと『きゅうぴー』やと思っていたのですが


正確には『きゆうぴー』だったのです(゜ロ゜)



因みになんで知ったか?というと『キユーピー』さんの株価をみようと『キューピー』と入れて検索したら、何故か全くヒットしなかったので『あれ?なんで?』と思い、よくよく見たら『キ“ユ”ーピー』だったと判明したワケであります‌



まぁ普段話す時には『キューピー』で、全く問題ないかとは思いますが……











あと『気をつけ!』の熊のカレ(笑)

『ムッシュ熊雄』くんについて、衝撃の事実がΣ(゜Д゜)


_20191019_223553

『胸に虫食いのほころびが ある』



(゜ロ゜)マジで!?



_20191019_224132
ズーム‌🔍



sketch-1571492601663ホ、ホンマや…!
(゜ロ゜:)衝撃




コレは知らなんだ…。
今度CMを じっくり観てみようっと!












熨斗紙(『のしがみ』と読みます)
感謝の気持ちやお礼等の気持ちを伝えるのに進物品や贈り物の品等に かける紙のことですね。



デパートなんかで購入したものを進物包装して貰う際
「『おのし』は どういたしますか?」
と聞かれたことがあるかと思います。



でも、この『熨斗紙』に関しては、まぁ大方の人は詳しくは知らんかも知れません。



実際、アタクシも総合スーパーのサービスカウンターで、進物包装なんかのお仕事に携わってなければ、熨斗紙のことなんて殆ど知るよしもなかったと思うし。



ほんじゃ、芸能人がブログで晒した数々の【熨斗紙に関する過ちw】を見ていきまひょか~(笑)




_20190404_103046
まずは、ブログ女王(?)辻ちゃんのブログより。



四人目のチビが産まれた時に贈られたというお祝いの進物にかけられた、コチラ↑の お熨斗と……




_20190505_175409
おはようございマヨ~!さんのブログより。



「浅野ゆう子さんから貰ったんだよ~」
とupされていた、頂きものに かけられていた というお熨斗。



さて、この二枚の熨斗紙には共通する【タブー】があります。



それは何かといいますと…











はい、上書きが4文字 â€Œ



お祝いの進物に『四文字』の上書きは ダメなのですよ~‌













★上書きとは!?



sketch-1557840054346
↑この赤丸で囲んである部分。
ここに入れる文言を『上書き(うわがき)』と言います。



この『上書き』、合計文字数が偶数…特に『4文字』というのは、お祝い事において実は避けたいところなのです。




というのも、偶数=割りきれる…という意味で、お祝い事では何かと敬遠される数ですね。



特に【4】は【し(死)】を連想するものなので、お祝い事には相応しくなく、避けたいところなのです。









従って、上記の場合のような贈り物にかける熨斗紙だと、本来 上書きは


『御出産 御祝』(5文字)



に すべきなのです‌



浅野ゆう子さんの場合だと、通常は無地のし(上書き無しのお名前だけ入れる)か、どうしても上書きを書くとすれば『初日之御祝』(5文字)とかにすべきですね。












因みに、上書きを4文字で書くのは




満中陰志

※『まんちゅういんし』と読みます。




ぐらいです。




因みに この【満中陰志】とは、仏事…四十九日のお返しの品にかける お熨斗の上書きです。









★熨斗紙の種類




コレも何種類かございまして。




_20190507_122443
↑何度あっても良いお祝いの お品にかける熨斗紙。
用途は『ご出産』『ご入学』『ご卒業』『ご新築』など。






_20190507_122503
↑こちらは御祝いごとでも、一度きりで良いお祝い事にかける熨斗紙。



線が多いものは『ご結婚』のお祝いに。
逆に線が少なめ(5本ぐらい)なのは『快気祝』に用いられます。






_20190507_122422
↑『お見舞』は、やはり何度もあっては ならないことですよね。



しかも お祝い事でもないため『お見舞』のお熨斗は『ご結婚』の熨斗紙に比べて その水引の線の本数は少なく『熨しあわび』の印刷も ないものになります。








_20190518_213448
最後にコチラ↑



黄白の結び切りの熨斗紙は、言わずと知れた仏事用の熨斗紙です。
上記でも述べた四十九日のお返し『満中陰志』や『御供』『粗供養』などなど。















日本の伝統とも言える『熨斗』



今日び 殆どの方が『なんとなく』的にしか知らないことなのですが。



それでも間違った熨斗紙・相応しくない上書きで贈り物をしたら、良く知るかた からしたら



『うわ~この熨斗に この上書きって…。この人 何にも知らんねんな、失礼過ぎてヒクわ』



てな風にも受け取られかねませんので、是非とも注意したいところですね。










年末 近くになると、必ず話題に上がる新語・流行語大賞
テレビを見ていてこのネタの内容を見かけると


『あぁ今年も もうあとわずか なんやなぁ』


と感じてしまうかたも多いのでは?


...なんて書いてる私も、実はその一人なんやけどね(笑)







先日何気にテレビを観ていたら、今現在 私たちがフツーに日常的に使っている言葉の中にも
『かつては流行語だった!?』という、そんな意外な言葉がいくつか話題に上がっていたので、是非ご紹介したいと思います。


では、どうぞ~







【ビビる】


平安時代の戦にて。
正に戦っているその時、武士の纏っている鎧(よろい)に弓矢が当たったりしますよね。
その時の音が『ビンビンっ』とか『ギンギンっ』とか、そんな風に聞こえたのだとか...
(↑なんか文字にするとビミョウにヒワイな(笑))


その『ビンビンっ!』て音が段々『ビンビっ』→『ビビっ』,,,てな感じでなまっていって、しまいには『ビビる』となったそうです(ちと無理がある感が否めんが...)


後々、戦の時に繁みなどに隠れ潜んでいる敵の農民や武士達がその音を耳にしては


『あ!敵が近づいてきた...!』


とガクブルモン


→「なんやお前、ビビってるんか~?」


みたいなニュアンスで使われていたそうです。





【ダメ】


こちらは意外!
幕末の囲碁ブームから きているそうです。


ダメの【ダ】は、漢字の【駄】
...意味合いとしては『荷役に使う馬(駄馬)』とか、あとは名詞の前について『値打ちない・しょーもない・粗悪なモン』などを表す接頭語。
関西弁でいう『アカン』的な感じ!?(笑)


そしてダメの【メ】は【目】
...囲碁の碁盤の【マス目】のことですね。


つまりは【値打ちのない目】という感じで、囲碁をしていて相手がしょーもない目に指そうとしようもんなら


「おまえさん、そんなところに指したらダメ(『勝てへんで』的な)やで~!」


そう助言するのが流行したとか!?


...と、ここでイキナリ全くの余談ですが。


この文面を考えながら書いていて、今ふと
「ダメよ~ダメダメ!」の あのお顔 真っチロ・超厚化粧の『アケミちゃん』と
シワシワメイクでしつこく「いいじゃないのぉ~」とアケミちゃんの手を握って離さない
『チビ・エロジジィ』(←口悪いなっ)がホワワ~ンと頭に浮かんできました...←なんでやねん(笑)


あのお二人、テレビでは もうめっきり見かけなくなりましたよね。
今どうしてはるんでしょうか...?





【ヤバい】


最後に。
こちらも私には全く想像つかなかったのですが...


江戸時代、犯罪者を収容する牢屋や看守のことを『厄場(ヤバ)』と呼んでいたそうな。


そして、犯罪者たちがその『厄場』にぶち込まれそうになるような危ない状況に陥った時


「これは厄場(ヤバ)い!」


てな感じで使いだしたのがルーツなんだとか。


元々は犯罪者達が使っていた所謂【隠語的な】言葉で、そういう意味ではイメージが悪いので、新聞など紙面上では この『ヤバい』という言葉を極力使わないようにしていたり、はたまた禁止されている...てのもあるそうです。


今現在では『信じられへん』、『めっちゃ凄い!』的なニュアンスでも、この『ヤバい!』て言葉を平然と使ってたりしますが、ルーツを知ると『え...そうやったんや』て感じがしなくもないですよねw←私だけやろか?







しかし新語・流行語大賞
今年も様々な言葉がノミネートされていますね。


「ちーがーうーだーろーっ!」

「忖度(そんたく)」

「ひふみん」


...などなど


因みに「ちーがーうーだーろー!」て某有名政治家・Tさんのあの名言(?)は
本当は「このハゲーーーっ!」の方にしたかったらしいのですが...。


やはり現実におハゲになってらっしゃるかた(←やたら丁寧w)に気を遣って、こちらのセリフがノミネートされたようですw


しかし「ひふみん」て


これ、おもっきしニックネームやん...?(笑)


もう新語やったら何でもアリなんやろか~
なんて思ってしまいますわ(笑)














↑このページのトップヘ