☆ぽ~きゅぱいんず☆

かずぴWORLD、今日も全開~(^^♪       



先日めでたく【離婚】が成立して、喜びの(?)記者会見を開いた お騒がせタレントのMさん...






恰好のワイドショーネタですよねw




パッと目を引く明るい黄色の花柄ワンピで登場なさってましたが...




因みに この『黄色の花柄ワンピ』、25年前、前旦那さまとの離婚時にもお召しになった所謂【戦闘服】らしいwww 『物もち』エエなぁ(笑)






まぁこの『離婚成立』記者会見。
朝も早よから『にっこにこ』の笑顔で
「やりましたーっ!」てガッツポーズの勝利宣言をしたかと思えば(なんで勝利のガッツポーズなんかようワカランけどもw)




イキナリ自分の実の おっ母ちゃんに電話かけて
「お母ちゃん……えーん」とヨヨヨ泣きしたりw←あんた涙 出てへんや~ん、て思わずテレビにツッコミ入れたけど(笑)






こんな記者会見、だ~れも、ひとっこ一人 出向いたらんかったらオモロイのにな~(笑)
なんてこと思いながらボケ~と観ておりましたが。




まぁお騒がせ芸能人の離婚ネタやから、そうも いかんかな(笑)










でもね~彼女を観てて思ったわ。




『今 超絶 寂しいんやろな、この人』て。




旦那さまのFさんのこと
「大っきらい!」なんて言うてたけど、実はホンマは大好きで。




でも、愛すれば愛するほど、かつてはあったであろう【相手を思いやる余裕】もなくなっていき、やがて何も信じられなくなり疑心暗鬼の塊と化していった。




そうなれば当然、彼はどんどん自分(Mさん)から遠のいていくワケで。




あがけばあがくほど悪循環…
結果、ドロドロ状態→今日に至る、的なw











もうね、Mさんは元旦那さま(Fさん)を憎み・罵ることで『今の自分』を支え保ってるんやろなぁてのが、画面を通して ひしひしと伝わってきた。
(同情してるんぢゃ~ありやせんよw)




実は あたくし、昔むか~し、Mさんと似たよな状況に陥ったことがあるので、なんか わかるんよね。




大好きな人のことを「大っきらいっ!」と罵ることで、自分を支えていた時期があったことも




【離婚】するにあたって調停離婚となり、塞いだ気持ちを抱えながら何日か裁判所に通ったことも




一応 両方 経験済みなのさw しみじみショボーン

















ま、けどアレやね。




とかく人は【大金持ち】に憧れるけどさ。




その大金を手にしたところで、愛する人と日々いつまでも幸せに暮らしていけるのかと言えば...




決して そうではない人も多いってことさ~!ニヤニヤ ←貧乏人(あたくし)の『負け犬の遠吠え』にしか聞こえんわ~てか(笑)










年末 近くになると、必ず話題に上がる新語・流行語大賞
テレビを見ていてこのネタの内容を見かけると


『あぁ今年も もうあとわずか なんやなぁ』


と感じてしまうかたも多いのでは?


...なんて書いてる私も、実はその一人なんやけどね(笑)







先日何気にテレビを観ていたら、今現在 私たちがフツーに日常的に使っている言葉の中にも
『かつては流行語だった!?』という、そんな意外な言葉がいくつか話題に上がっていたので、是非ご紹介したいと思います。


では、どうぞ~







【ビビる】


平安時代の戦にて。
正に戦っているその時、武士の纏っている鎧(よろい)に弓矢が当たったりしますよね。
その時の音が『ビンビンっ』とか『ギンギンっ』とか、そんな風に聞こえたのだとか...
(↑なんか文字にするとビミョウにヒワイな(笑))


その『ビンビンっ!』て音が段々『ビンビっ』→『ビビっ』,,,てな感じでなまっていって、しまいには『ビビる』となったそうです(ちと無理がある感が否めんが...)


後々、戦の時に繁みなどに隠れ潜んでいる敵の農民や武士達がその音を耳にしては


『あ!敵が近づいてきた...!』


ガクブルモン


→「なんやお前、ビビってるんか~?」


みたいなニュアンスで使われていたそうです。





【ダメ】


こちらは意外!
幕末の囲碁ブームから きているそうです。


ダメの【ダ】は、漢字の【駄】
...意味合いとしては『荷役に使う馬(駄馬)』とか、あとは名詞の前について『値打ちない・しょーもない・粗悪なモン』などを表す接頭語。
関西弁でいう『アカン』的な感じ!?(笑)


そしてダメの【メ】は【目】
...囲碁の碁盤の【マス目】のことですね。


つまりは【値打ちのない目】という感じで、囲碁をしていて相手がしょーもない目に指そうとしようもんなら


「おまえさん、そんなところに指したらダメ(『勝てへんで』的な)やで~!」


そう助言するのが流行したとか!?


...と、ここでイキナリ全くの余談ですが。


この文面を考えながら書いていて、今ふと
「ダメよ~ダメダメ!」の あのお顔 真っチロ・超厚化粧の『アケミちゃん』と
シワシワメイクでしつこく「いいじゃないのぉ~」とアケミちゃんの手を握って離さない
『チビ・エロジジィ』(←口悪いなっ)がホワワ~ンと頭に浮かんできました...←なんでやねん(笑)


あのお二人、テレビでは もうめっきり見かけなくなりましたよね。
今どうしてはるんでしょうか...?





【ヤバい】


最後に。
こちらも私には全く想像つかなかったのですが...


江戸時代、犯罪者を収容する牢屋や看守のことを『厄場(ヤバ)』と呼んでいたそうな。


そして、犯罪者たちがその『厄場』にぶち込まれそうになるような危ない状況に陥った時


「これは厄場(ヤバ)い!」


てな感じで使いだしたのがルーツなんだとか。


元々は犯罪者達が使っていた所謂【隠語的な】言葉で、そういう意味ではイメージが悪いので、新聞など紙面上では この『ヤバい』という言葉を極力使わないようにしていたり、はたまた禁止されている...てのもあるそうです。


今現在では『信じられへん』、『めっちゃ凄い!』的なニュアンスでも、この『ヤバい!』て言葉を平然と使ってたりしますが、ルーツを知ると『え...そうやったんや』て感じがしなくもないですよねw←私だけやろか?







しかし新語・流行語大賞
今年も様々な言葉がノミネートされていますね。


「ちーがーうーだーろーっ!」

「忖度(そんたく)」

「ひふみん」


...などなど


因みに「ちーがーうーだーろー!」て某有名政治家・Tさんのあの名言(?)は
本当は「このハゲーーーっ!」の方にしたかったらしいのですが...。


やはり現実におハゲになってらっしゃるかた(←やたら丁寧w)に気を遣って、こちらのセリフがノミネートされたようですw


しかし「ひふみん」


これ、おもっきしニックネームやん...?(笑)


もう新語やったら何でもアリなんやろか~
なんて思ってしまいますわ(笑)














↑このページのトップヘ